toppageINDEXpaper>お盆Uお盆 盆 七月 7月 八月 8月 喜屋 きや 和菓子

お盆ってなにU
七月盆と八月盆

東京で七月に盆の行事を済ませ、八月に帰省してまた八月盆に加わる、という立場の方も少なくありません。なぜお盆は地域で七月と八月に別れているのでしょうか。都市部では七月、地方では八月、ということでしょうか。

お盆は七月十五日を正日とする行事で、それを新暦にあてはめるか、旧暦に従うかということの違いですが、伝統的に新暦七月十五日にやるのは、東京の、二十三区内の、そのまたせまい地域に限られています。もっともこれは今から二十年くらい前までのことで、東京圏の広がりに伴って七月派の輪は最近では近郊県まで広がりつつありますが。しかしながら大都市といえども東京以外は、大阪でも京都でも名古屋でもお盆は全国的に八月です。

わが国が新暦(西洋暦)に移行したのは、明治五年の改暦断行によりますが、いくら当時の外国列強に伍してゆくための近代化とはいえ、なんのまえぶれもなく発表されたことで当時の国内の混乱は大変なものだったようです。政府は新暦を徹底させるために暦(カレンダー)の作成権を官が独占し(私暦の禁止)、旧暦の併載を認めず、旧暦というものを国民に忘れさせようと努めました。これに即座に従わざるをえなかったのが政府の目が利くお膝元の東京都心部で、正月も盆も当初から一ヵ月早めて新暦に移されました。また、盆は年の真ん中を意味する中元行事のひとつで、今でいう「お中元」や「賞与」の習慣とともにありますから、七月十五日という数字から離れることができません。中元期間は七月一日から始まり、盆とは死者(祖先)にたくさんのご馳走を捧げること、ということから転じて、まだ死んでない人(つまり目上の人)にも贈り物をする、またそのための資金供与が今の「お中元」や「賞与」の慣習のもとといえます。東京の官僚社会がこれを都合よく広め、商店街の「中元福引セール」など別の方向にも発展してしましたが。

旧暦の使用を禁止するといっても、こよみ自体が農のために生まれたものであるし、農事は暦とともにあり経済は農産物(米)中心でしたので、農村部のみでなく都市部においてさえ、おいそれと今までの規則性を切り替えるわけにはまいりません。結局のところ正規暦の新暦と生活(経済)暦の旧暦は二立併走という現実となりました。それで正月と盆は、東京が日付に従って動いたのに対して、ほかの全ての地域は時季に従って動かなかったということでしょう。とはいっても旧暦は不定で煩雑なため、素直に新暦の一ヵ月遅れと落ち着いたようです。

旧正月とは最近はあまり聞かれない言葉になってしまいました。昭和三、四〇年ころまでは農家で続いていたようですが、NHK「紅白歌合戦」の効果でしょうか、年末年始のムードはすっかり新正月のほうに吸収されてしまったようです。そこへゆくと旧盆のほうは相変わらず《ニッポンの夏》という風情がたくさん残されています。麦の収穫が終わり、あとは稲のたわむのを待つだけの農閑期、子供の夏休み、昔ならやぶいりと言われた盆休みの帰省、各地の夏祭り、高校野球と、日本中が開放的な気分に満たされます。やはり盆は梅雨が明けきらない七月よりカンカン照りの八月がいいようです。
盆は暑い盛りですが、立秋を過ぎていますので俳句の世界では「秋」です。

外国のお盆
盆の歴史は古く、推古天皇・聖徳太子のころより行事されています。起源となる『仏説盂蘭盆経』はインドから中国への途上、西域あたりで成立したものと言われていますので、その後のルートの中国にも韓国にもお盆はあります。
ウラボンの語源については今日の研究では、イラン系のソグド人の用いる言葉ウルヴァン(霊魂)に由来するとされています。イランの死者への霊崇拝と農耕儀礼が、中国の農耕儀礼(中元)と仏教習俗と合したものと推定されます。

中国では中元節の一環としてあります。年初(上元)に天に昇った竜が稲にたくさんの雨をもたらして、半年後再び水中もしくは地中に帰る、また死者の霊が戻ってくる時期とされ、たくさんの供物を捧げる、祖霊祭と農耕祭が一緒になったものとしてあるようです。
韓国でもベクチュン(百種・白衆)の行事があるようです。十五日には寺院で百味百果を盆器にそろえて僧侶を中心に供養祭が行われ、一般でもベクチュンナル(亡魂日)として、この日の夕方から、戸外に野菜・果物・酒・飯などを供えて祖先や亡き父母の魂を呼びます。やはり農村ではひと段落つく期間なので休みをとって、村々で開放的な楽しい祭りがあるようです。

このように、温帯モンスーン気候に位置する東アジア地域では共通して、水稲農耕を中心としているために自然の運行推移による時季に敏感であり、それに制約される農耕生活から時季そのものを生活リズムとしてきました。 おなじ暦を持ち、農耕は単に技術の問題だけでなく信仰的要素を多分に含んでいます。年中行事は人々のもつ時季の意識と自然への畏怖崇拝からきているものが多く、いちじるしい類縁性が見られます。・・・とは、下の参考図書より

【参考】
韓国の民俗 金聖培 成甲書房
韓国の食 黄彗性 石毛直道 平凡社
農と民俗学 倉田一郎 岩崎美術社
中国の民俗学 直江広治 岩崎美術社

ふるさとへ 帰省のおみやげに
旅行先へごあいさつに
  • 前もって発送日が予約できます
wagashi和菓子 On-Line SHOP


PAPER back
INDEX page back