toppageINDEXpaper花まつり

花祭り 4月8日

仏教の開祖、釈迦の生誕を祝福する仏教行事。潅仏会(かんぶつえ)仏生会(ぶっしょうえ)といい、「花祭り」は明治以降の名称。浴像会、降誕会などともいわれます。古代から釈迦の生まれたインドで行われてきた行事からのもので、日本ではお盆とともに仏教伝来からの歴史があります。推古天皇代(606)、聖徳太子の提唱で元興寺で行われたのが最初とか。

この日、各寺には花で飾った小堂、花御堂(はなみどう)がつくられます。金属製の幼仏像をその中にまつり、甘茶が参拝者によってその誕生仏にかけられます。甘茶を潅(そそ)ぐ行事なので「潅仏会」。 花御堂は釈迦が生まれたところルンピニ園の花園を表しています。

甘茶とは砂糖入りのお茶というわけではなく、ユキノシタ科のアマチャやウリ科のアマチャヅルを煎じた飲料です。漢方薬店で売っているらしい。お寺で参拝のあとにいただけるところもあります。麦茶に似た色をしていてちょっと甘くちょっとにがく、とろりとした飲みごこちがします。

釈迦の誕生は仏典を元に4月8日夜半とされますが2月8日説もあるらしい。もともと旧暦の日付なので今は月遅れの5月8日に催す地方もある。農耕の始まりを祝す意味合いがあったり、甘茶を母乳と見たてて母性をたたえる日であったり、江戸時代には役所は休日、寺子屋は休校と「国民の祝日」的な地位を持っていました。現在、どれくらいの割合の寺院がこの日をマジメに行事しているかは分かりませんが、一般信徒たちの無理解 無関心などが障害になっているかもしれません。しかしそれを理由に行っていないとしたら、寺の布教態度としていかがなものでしょうか。 七月十五日と四月八日は日本の仏教のスタートからの重要な日であったはずなのに・・・・。クリスマスと復活祭を大切にするキリスト教のかたのHPに「なぜシャカの誕生祭行事はマイナーなのだろうか」という疑問がのっていました。互いの宗教の性格の違いや歩んだ歴史的な背景の違いなどから説き起しても、他教信者のこの素朴な質問に正確な納得のいく回答ができる人は少ないと思います。

釈迦の父は釈迦族の王、母は磨訶摩耶(マカ・マーヤ)と言います。摩耶夫人は35歳の時、ある夜六つの牙を持つ白像が天より降りて右脇より体内に入る夢を見ました。バラモンの夢占師に聞くと、インドでは象は聖獣とされているため、まさに吉夢で、世継ぎ誕生の兆しと告げられました。マーヤはまもなく懐妊し、出産のため里帰りの途中に立ち寄ったルンビニ園の庭で休息中、無憂樹の花を手で折ろうとしたところ、右脇の下から釈尊がお生まれになったとされている。釈尊は生まれた直後に周囲を見わたし七歩あるいて右手を天に指し左手を大地に向けて「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげゆいがどくそん)と言ったとか。その時天竜が天から下って甘い露を潅(そそ)いだ、という説話が元になっている。 宇宙間に自分より尊いものはないという意味で、人間一人ひとりが宇宙にただ一つしかない命をいただいている尊い存在だという意味です。(http://web.kyoto-inet.or.jp/org/bukkyo-c/index1.htmlより)
この姿をかたどったものが誕生仏像で甘茶をかけるために金属(銅)で造られたもので小像が多い。

誕生日が潅仏会なら、命日は涅槃会(ねはんえ)
釈迦の死没年についてはいまだ学問上の問題とされますが、紀元前483年説が有力。南方仏教圏では仏滅紀年法で紀元前543年となっています。80歳で死去(入滅)したことは定説とされています。涅槃会は2月15日。


真頂院の花御堂
4月8日の11時から読経、午後には一般の参拝と潅仏ができて、甘茶のおすそ分けにあずかれる。
北区赤羽3-16
宝幢院の花御堂
北区赤羽3-4